人間としての努力が
人格を作り、徳を積む。
人間力が育まれ、魅力が醸し出される。

夢を描く!
その上で、目標に向かって、
力を発揮するために
出来うる限りの努力をする。

志を立てる!
そしたら、考えに考えて、アイディアを形にする。
行動、実践の努力を積み重ねる。

こういう努力は、
自分でする以外にない。

誰かが代わりにやってくれないかしら。。。
どこかから夢が降ってこないかしら。。。
誰かが私の代わりに交渉してくれないかしら。。。

いやー、
あなたの人生はあなた以外に生きることができないんですよね。
自分以外の他の誰かが変わりにやってくれるということは
ありません。

だから、
この努力する、っていう部分を省いては
この立ち向かう、っていうところから目を背けては、
夢が実現することはないのです。
ここは、基本であり、前提です。

ただ、
あらゆる努力をしたら
あとは、最後は委ねる、ということができるかどうか
ここが重要。

これが、なかなか
言うは易しですが
実践するのは難しい、、、

努力したからこそ、
結果が気になるからです。

でも、
自分にとってベストな未来への道は
現在を生きている私たちにはどうしても見えないのです。

なので、委ねる。

神さまに委ねる。
宇宙に委ねる。

そして、自分の潜在意識に委ねる。

見えないことは
見えない世界の専門家である
神さまや天使や潜在意識に委ねる。

時々、他人の人生に起きた
不思議な奇跡のお話を聴くこともありますが、
それも

奇跡を起こすスイッチは
神さまが持っている。
宇宙が司っている。

あと、、、
なんと、

他人が持っているのです。

つまり、自分以外の人や
目に見えない存在が
夢実現スイッチを持っているのです。

たとえば、
とても素晴らしい商品を作ったとしても
それを買うかどうかの最後の判断は
お客さまがするのです。

お客さまが
商品ヒットの鍵をもっているのです。

夢実現の鍵は、他人が持っている。
奇跡のスイッチは、神さまが持っている。

だから、最後は委ねましょ♪
委ねられる人は、強い。
委ねる姿は、美しい。
その姿が応援を呼び込みます。

人事を尽くして天命を待つ。

では、どのような人事を尽くすのか?
どんな努力をして、委ねるのか?

心の底から
安心して美しく委ねるためにも
どんな努力をしたらいいのか?

人間力を超えて
奇跡の人生を生きる応援をいただける自分になるには
どういう努力が必要なのか?

それはまた、次回。。。