☆★☆★☆★☆

反省って
迷子になっている
本当の自分を発見すること

☆★☆★☆★☆

「もう、どう考えても
相手の態度がひどい!
理不尽なんです」

「すっごい
意地悪をされるんです~」

で、どうしたらいいですか?

っていうご相談を
時々受けるのです。

ケースバイケースではあるのですが、
基本的には

いじめは、
いじめるほうが悪いんです。

やり返す、とか
言い返す、とか
ひっかく、かみつく(笑)

そんなことができない
やさしい人だからこそ
ご相談にいらっしゃる。

そういう方のパターンがあって

それは、、、

やられている側なのに
「自分が悪かったのかも。。。」
と思っちゃうんです~。

いいえ!
それは違います!
きっぱり、違います。

いじめは、
いじめる側が
悪いのです。

ここ、大切なところです。

たしかに

じっくり考えてしまうと、
いじめられる心当たりが
あることが多いんです。

だって、

弱点は
誰にでもあるし、

非の打ちどころがない完璧な人なんて
どこにもいないんです。

誰にも言えないことが一つもない人なんて
探すの大変だし、

失敗なんて
みーんな
するんです。

でも、
だからって
それが
いじめる理由にならないでしょー!

弱点があることが
いじめてもいい理由に
なっていいわけがない。

それとこれとは
まったく別の話です。

だから、

まるで
催眠術にでもかかったかのように
自分が悪かったのかな。。。と思って

いじめっこの言い分に従って
反省なんてしちゃ
ダメですよー。

あっ、反省自体は、
いいことなんです。

だって、反省とは
本来の自分を発見することなのですから。

そう、
反省をすることが
悪いのではなくて

反省の仕方が違うのです。

相手の言葉に従って
自分をボロボロに叩くのは
反省ではなく
単なる自分へのダメだし攻撃。

そうではなくて
迷子になっている本来の自分を発見するために、

自分の心の中のてんちゃんの声
つまり、
本心の声に従って
輝きを磨きだしてくださいね。

反省の判断基準は
相手の言葉ではなく
自分の中の天使の声。

あなたは
誰がなんと言おうと
大切な存在なのに、

相手の言い分をまるのみに信じて
「自分も悪い。。。」
って思いすぎてしまうと

自分なんて二の次、三の次になるから
自分の気持ちを軽んじて
封じ込めるようになる。

泣きたくても
歯をくいしばって

怒りたくても
言葉を飲みこみ

不安を
笑顔の奥に閉じ込める。

それはそれで、
忍耐力を鍛えることになって
あなたの人生にプラスではあるけれど

ここに一つ大きな問題があるの。

閉じ込められた
つらい『気持ち』は
生き場を失って、

消えることなく
ずっと心の中にとどまっているということ。

心の中でくすぶって
ずっと、存在を主張し続ける、ということ。

つらいよ、
泣きたいよ、
イライラするよ、
って

やがて時間が経って

その出来事に対する
頭の記憶が
薄らいできても、

心の中の気持ちは
解消されることなく
ずっと心に残っている。

まるで
引き出しの奥に隠しているうちに
忘れてしまった、なにか、のように。

確実に『ある』のです。

忘れているからといって
なくなったわけじゃない。

いつまでも
『ある』のです。

だから、心の中の
悲しかったり
怒っていたり
不安だったりする気持ちは

解消してしまうことが
オススメです。

問題そのものは
きちんと解決する方法を考えるけれど

気持ち自体は
思い切り解消してあげるだけでいい。

つまり、
認めてあげるだけでいいんです、その気持ち。
受け入れてあげるだけでいいんです、その感情。

自分で自分に対して
説教しなくていい。
説得も要らない。
まして、ダメ出しはやめましょう。

解消とは

解放して
消すのです。

押し込めることじゃない。

解消するには
どうするのかと言うと

その気持ちを味わう。
その気持ちを思い切り
味わってみる。

その気持ちを
味わい尽くす。

すると、、、
やがて
消えていきます。

気持ちや感情は
しっかりと
味わうと消えていきます。

涙も出尽くすと
スッキリするし

怒りの炎も
やがて燃え尽きる。

だから、
感情をコントロールしたいなら
感情を味わうのが近道です。

苦しみを長引かせないためにも

表面から聞こえる

泣きたいよ
つらいよ

という心のつぶやきの奥に響いている
てんちゃんの声はしっかりと聴きながら
感情から逃げずに
気持ちを味わってください。

そんな時でも
いつでも聴こえている声がある。

てんちゃんの声
「大丈夫だよ」
「そんな自分も大好きだよ」
っていう声。。。

揺れるあなたを
誰よりも無条件に愛している
心の奥のてんちゃんの声を
しっかり聴いて

気持ちを押し込めたり
感情に翻弄されずに
てんちゃんの声に従ってくださいね。
天使力コーチング
稲垣由香