数日前のできごとです。

  

  

天使力コーチング真剣に取り組んでようやく仕上げたテキストを

保存しようとして

パソコンを「ポチッ」とクリックしました。

  

「あっ。。。」

  

やってしまいましたー。

間違えて消しちゃった。。。

  

  

全部!!

すべて消えちゃった。

  

  

ブログやメルマガの記事を

間違えて消してしまったことは

これまでに何度もあったけれど

  

このテキストは

一回ごとの記事とは違って

体系的に組み立てた大物だったので

けっこう衝撃でした。

  

  

痛恨のミスに

しばし呆然としていた

夜中の1時半(笑)

  

  

「はっ!

もしかして、プロなら復旧できるんじゃないか?」

と思い

  

  

真夜中だったけど

天使力のスタッフ全員集合(笑)。

  

  

いつも

ネット系を手がけてくれている

ビジネスパートナーのたけさんに

慌てて連絡したら

  

可能性のある方法を

いくつか丁寧に

電話で指示してくれたけど

復旧ならず~。

  

  

その後も

秘書をしてくれている

娘が3時までパソコンを

パシャパシャといじってくれたけれど

  

けど

結局

ダメでした~。

  

  

とりあえずお布団の中に入って

落ち着いてきて思ったことは

  

「エジソンは、偉大だったんだなぁ」

  

ということだったんです。

  

  

いやー、エジソンは偉大!!!

  

  

エジソンは67歳の時に

研究室が火事になって

設備や研究記録のほとんどを失ったのです。

  

  

翌朝、目の前で今までの努力や夢が黒焦げになった光景を見て

燃えさしの中を歩きながら

  

「災害には、大変なありがたみがあるね。

われわれの失敗はすべて灰になったよ。

 

これから

まっさらでスタートできることを

神に感謝しなければ」

  

  

と言ったそうなのです。

  

  

67歳から意気揚々と再スタートって。

 

 

そもそも

大発明家で成功者のエジソンの研究室なんていったら

宝の宝庫ですよねっ?!

  

  

でも、エジソンにとったら

違うんだ。

  

  

エジソンにとっては

成功や発明を作り出しているのは

研究室ではない、

  

ということなのです。

  

  

彼の成果を作り出していたのは

自分自身の『心』だと

エジソンは知っている。

  

  

だから、

心さえあればいい。

  

  

心こそ、

アイディアの宝庫であり

発明品の倉庫なのです、

エジソンにとっては。

  

  

心さえあれば

なんでも生み出すことができる。

 

どこからでも

いつからでも

やり直すことができる。

  

  

もう、エジソンの研究室の火事という人生の一大事と

私のテキスト消えちゃったという凡ミスと

比べるのも

本当に申し訳ないけれども

  

  

でもでも

  

  

「大切なものが

突然消えてしまったとき、とか

一気に失ってしまったときに

どう考えたらいいのか?」

     

  

っていう生き方のお手本がいれくれて

本当にありがたい、と思いました。

  

  

揺るがない自己信頼が

ハンパないエジソン、

大尊敬です。

  

  

テキスト消えちゃった事件では

もう少し気がついたことがあるので

それはまた明日お届けしますね。