こんにちは
天使力コーチングの
稲垣由香です。

しあわせを育てるためには
問題に気を取られすぎないことが大事。

問題ばかりに
気を取られるっていうのは

問題にエネルギーを注いでいるのと
同じことなのです。

なんと
解決したくてたまらない問題を
さらに大きく育ててしまって
大問題にまで発展させてしまっているという。。。

一方で
そんな中でも
感謝できることを発見して
感謝にエネルギーを注ぐと

恩返しにまで育てることが
できます。

それって
ただどこに注目しているか、だけのこと。

その時に
大切なのは
自分の立場にこだわらないこと、なのです。

つまり
【自分の立場を超えること】
  
  
本当に
心を通じ合せて
しあわせを作っていきたいのなら
命 対 命
で関わっていくことが
必要です。
 
 
たとえば
先生 と 生徒
という立場を超えた
 
命 と 命。
 
 
今日は
Mさんをご紹介します。

Mさんは
クライアントさんです。

身体に障害を持っているので
移動は電動車椅子。
 
 
セッションにも
その愛車で颯爽と
あらわれます。
 
 
行きたいところには
愛車でスイスイと
出かけていく彼女は

子育てもバッチリして
今はそのお子さんも
成人されました。

いやー、すごい行動力!
やりたいことは
言い訳せずに
やっちゃうの。

彼女からは
いつも
  
「自分がどれだけ
まわりの人から助けられているか?」
  
「自分がどれほど
運のいい人間か?」
  
を聞かせてもらって
感動しているのだけど、
  
  
もちろん
その一つひとつのドラマも
感動だけど
 
単なる運がいいだけじゃなくて
感謝が
引き寄せているんだなぁ
 
っていう彼女の心の態度に
感動しちゃうのです。
 
 
「いやー、私は
ラッキーなんだよね」
 
 
っていうその心の姿勢に
感動しちゃう。
  
  
身体が痛かったり
思うように動けなくて
歯がゆかったり
そんなことももちろん
あるけれど
 
生き方のベースは
感謝。

だから
「ありがたいなぁ」が膨らんで
彼女の場合は、、、

『自由』

を手にしている。

身体に障害があっても
動きは不自由でも
心は自由。
  
 
そして
協力者を引き寄せる。
人を引き寄せる。
運を引き寄せる。

3回目のオープンスクールで
そんな彼女がくれたコメントの
一部をお届けします。

☆★☆★☆★☆

子供の頃から今日まで
折に触れて、
恩人に出会えてる私。

その中でも、二人。

一人は、

小学校低学年までお世話になっていた
リハビリ施設の看護師長さん。

ずーっとお付き合いが有って、
母のように頼りにして、
本当に支えてもらいました。

二人目は、

小学校4年生の時に新卒で来た小学校の先生。

この先生のおかげで、
土曜日に定期的に開催されていた
クラス対抗リレー会に
私も参加。

参加できる人数は決められているのに
私が走れるのは、
グランドの半周だけ。

だから、
私の後を走るクラスメートは
1周半走ることに。

けれど
いつも「今度は自分が…」
と名乗り出てくれる人がいた。

授業が無かった土曜日の午後、野球大会、
竹馬(みんなで手作りした。)大会etc.

全部、私も私のできる形で参加した。

いつの間にか障害があるということを忘れて生きてたなー。

そのおかげで
「何とかしようともがけばなんとかなる」精神が身に付いたかも。

☆★☆★☆★☆
  
 
先生として
生徒に関わるだけであれば

授業をスムーズに進める
というだけでもいいのです。

そこに
先生のお仕事はここまでという
線引きが出てきます。

でも

命として
相手の命に関わると

そこに

尊重や尊敬
が生まれ
 
相手の命に
 
感謝や可能性
が宿ります。

命には境界線がありません。

さて、オープンスクールは
今日で4日目。

『つるの恩返し研究室』
オープンスクール、
お気軽にいらしてくださいね♪

お待ちしてまーす!

7日まで毎晩21時から15分間です。
ズームと
Facebookライブと
両方同時に行います。

ズームで観たい方は
https://us02web.zoom.us/j/85630357595?pwd=Y2JOZi9FbmJScWx0aDJPQzRkZ0xEUT09
パスワード:1111

Facebookライブで観たい方は
https://www.facebook.com/groups/2915099945171034/?ref=share

テーマは『命』

昨日の3日目の内容は
こちらからご覧ください。
https://youtu.be/FdHpRANtd1U