ちーちゃん
「この前、トラブルに天使対応してくれた部長さんのお話をしたでしょ?

あの部長さんが、昨日、私のことを褒めてくれたんだよ♪

もう、すごくうれしくって、
すっかりファンになちゃったよー」


てんちゃん
「良かったねー!
どんなふうに褒めてくれたの?」



ちーちゃん
「頼まれて書類を作ったのね。

そしたら、
仕事が丁寧だって褒めてくれたの。

うれしかったなぁ。

そうやって、
実はこっそり心を込めてやった仕事に
きちんと気がついて評価してくれると、
やる気がでちゃうよね」


てんちゃん
「そうなのね♪
それは、うれしかったよね」



ちーちゃん
「うん、ありがとう。

でも、不思議なのは
同じような言葉でうちの部の部長に褒められたんだけど、あんまりうれしくないんだよね~

なんでだろう?」


てんちゃん
「そうかぁ

お二人の何が違うんだろうね?」


ちーちゃん
「んー。。。

うちの部長は、なーんか爽やかじゃないんだよね~
がんばって書類を仕上げて
『ありがとうね』って言われても

私、心の中で
『あなたのためにやったんじゃないしっ』って
思ってしまうんだよね。


認めてもらってるっていうよりも、
利用されてるっている気分になるの。」


てんちゃん
「ちーちゃんは

二人の部長の言葉を聞きながら
心の声を聴いて
その心の声に反応しているんだよね。


『ありがとう』っていう同じ言葉を聴いて、
おとなりの部署の部長からは
ストレートに感謝を受け取るんだけど、

自分の部長からは
『きちんとやってくれよ』という
命令をうけとっている、という(笑)


真逆のものを受け取ってるんだよね」



ちーちゃん
「あー、そんな感じだ~」


てんちゃん
「実は、

言葉を受け取るより先に
気持ちを受け取るんだよね。

だから、

本当は、
何を伝えるか?を考えるよりも
何を考えているか?のチェックが必要なのよね。

まるで、打ち上げ花火が

見ている映像と
聴こえてくる音に
タイムラグがあるみたいに

まず、心の声が届いて
そのあと
言葉が届くんだね。」


ちーちゃん
「うわー、本当にそうだけど、
ふだん、そんなことは考えないでしゃべってるよっ」


てんちゃん
「そうなのよ~

だいたい、
『私、何をしゃべろう?』とはけっこう考えるけど
『私の心は、何をしゃべってるかしら?』とはほとんど考えてないもんねー

でも、そちらが先に伝わってるの」


ちーちゃん
「なんとっ!

そこで、すでにコミュニケーションが
成立しちゃってるということですかっっ?!

まずい(笑)
部長の前に、私がまずい!
『あなたのために働いてるんじゃないしっ』
とかいう不満が伝わってるっていうことでしょ?

げげっ。
どうしたらいいかな?」


てんちゃん
「大丈夫だよ~♪

天使な自分を引き出すコミュニケーションのコツがいくつかあるんだけど、

今すぐできる
天使力コミュニケーションの一つが、

相手と自分の
無限の可能性を見てお話をする

ことなんだ!」


ちーちゃん
「???

難しくて
意味が分からなーい」


てんちゃん
「うんうん。
難しいけど、ふだん、実感していることなのよ。

いつも、言葉を出すときは
どんな時かな?


自分の感情とか、状況とか、
なにか説明したい時に、
目に見える部分を言葉にしているんだよね。


話をするきっかけって

誰かから聞いた情報だったり
今までの経験だったり
学んできた知識だったりするでしょ?

そうすると
言葉と気持ちが別々になってしまうことがあるんだよね。

例えば、
商品知識だけでなんとか物を売ろうとしている
営業マン。

言葉では「この商品は素晴らしいですよ」って言いながら、
気持ちは「営業なんて自分には無理ー!」
って思っていると、
「無理です」が先に伝わって
売れないのよね。

同じ商品でも、
「これを使うと必ずしあわせになる」
と確信している人からまず受け取るのは、
商品ではなく、しあわせなの。

だから、結果として売れるのよ。

話をする根拠を
未来に置く。
そして、相手に置く。

見ている場所を
今の自分の状況がどうしたこうしたではなくて
無限の可能性をもっているから
必ず良くなる、
という一点に置くの。


実は、
これは、
人を褒めるときの秘訣だけじゃなくて、
何か大切なことを人に伝える時の原点。

人の心を揺り動かし、
自分の心に確固たる自信を与えるのは、

知識でもなく
常識でもなく
教育でもなく
情報でもなく

自分も相手も
無限の可能性を持っている存在だという

ただその一点なんだよ!!」


☆★☆★☆★☆


先日、
営業の神様と言われている
ブライアントレーシーの三日間セミナーで
学んできました。


そこで、学んだことは
いっぱいあるけど、
そのうちの一つをシェア♪


営業のコツは
【無限の可能性への確信】
だと

強く強く感じました。


経験とか知識には
完璧はありえません。

常に、上には上がいるものです。

なにかことをスタートするときに
「経験してから。。。」
「知識が足りない。。。」

と言っていたら
人生はなにもできません。


でも、大丈夫♪
真っ先に伝わっていくのは
根拠のない自信です!


自分には無限の可能性がある。
そして、目の前の相手にも
無限の可能性がある。


根拠のない自信が
揺るがない確信となって

相手に伝わっていくと
あらためて強く感じました。


今日もしあわせな一日でありますように。。。