「お母さんがもうすぐ来るから、

がんばって!」

 

って声をかけると、

不思議と心臓がまた動き出すのだと、

看護師さんから教えてもらいました。


22年前の夏、生後1ヶ月で亡くなった息子のお話です。


「もう、間に合わないかもしれないとは思いますが、すぐに病院にきてください」


と呼び出されたことが、

記憶にあるだけで2回あります。


心電図の波形が乱れても、

「もうすぐお母さんがくるよ!」

の一言で、

息を吹きかえすことができるんだ!


身体が小さくて弱すぎて

泣くことさえ出来ない息子でしたが


私が病院に行って声をかけると、

明らかに心電図の波形が

落ち着くのでした。


お医者さんは病気の説明とともに、

1/100万の確率で生まれてきた、 

と説明してくれました。


でも、この子は、

この病気の身体以外の人生を生きることはできません。


これが、この子の人生なのです。

どんな人生であっても

それは、この子にとって

1/100万の人生ではなく

100万点満点の人生なのです。


この子は、天使でした。


この子は、

いつも

しあわせそうでした。


お母さんに逢えて、しあわせ。

お母さんに抱っこされて、しあわせ。


身体は、苦しくて呼吸をするだけで精一杯なのに、

魂は、本当にしあわせそうでした。


それは、

この子が

誰と比べることもなく

自分の人生を100%生ききったからです。


もし、この子が

大きくなることができて、

自分の人生を他の人と比べてしまったら

「なんで、自分だけこんなに苦しまなければならないのか?」

と感じたかもしれません。


でも、

人と比べず

自分の人生を100%生きることが

できたなら、


必ずしあわせになれるのだと思いました。


「私のせいで。。。


私が元気な身体に生んであげられなかったから。。。


ごめんね」


私の中に、そんな思いが涙になって溢れてきても、

そんな母の苦しみを押し流すくらいの

圧倒的なしあわせ感でした。


小さな小さな弱い身体ですが、

なんて、強くて、大きな魂なんだろう!


と思いました。



「元気な身体に生んであげられなくて、ごめんなさい」


から


「生まれてきてくれて、ありがとう!」


に、


私の心の中を

ガラッと変えてくれました。


「お母さんは、ぼくにとって

天使なんだよ」


と命をもって語りかけてくれた

この子の命は、


私の天使でした。  


みんな、

誰かの天使なのです。


あなたは、

誰かの天使なのです。


100%、自分の人生を

愛して生きることができたら、

一人ひとりは、天使なのです。